早歩きウォーキングやり方.net » ストレッチポールと骨盤枕

ストレッチポールと骨盤枕

ちまたでは骨盤枕ダイエットと言う言葉が流行しています。また骨盤枕といえば、従来はタオルなどを複数枚用意して丸めたり、紐で締めたりと意外に大変な作業が必要でしたが、最近は骨盤枕として使用する方が増えています。

使用方法はとても簡単で、枕にしたら寝るだけです。腰の下に枕として入れると、骨盤が矯正され、内臓が上のほうに引き上げられる効果があります。また体は温まり、足を八の字に開いて骨格全体を矯正することで、血流がよくなって新陳代謝がアップします。

また、ストレッチポールは、その上に仰向けで寝る、つまり基本姿勢を取るだけで、歪みのケアとしての効果があります。その高さによって自然と胸は開いてきます。

また、深呼吸がとても楽にできるようになり、背骨を支えるための肩、腰や背中の筋肉をリラックスさせることができます。その他には、ストレッチポールの丸い局面を利用しての背骨周りの筋肉のストレッチが可能です。

これらの方法は体重を乗せるだけですから、力が不要で、どなたでも楽にこなすことができます。しかしこれだけでも痛みが起こる場合もありますので、まず軽く枕にしてみてどのような感じかをチェックすることも大切です。

また、ストレッチポールにはハーフサイズなどの種類がありますが、初めての方には基本的なEXタイプがお勧めです。ベーシックセブンはもちろんのこと、他の様々なコア、つまり体幹のエクササイズができるようになります。

腰の下以外にも、置く場所によってはバストアップやヒップアップ、子顔効果も出すことができるため、女性の愛好者も増えているようです。また腰痛や肩凝りを持っている男性にも愛用者は多くいらっしゃいます。

ダイエットにも、仕事の疲れを癒すためにもとても有用なストレッチポールですが、使い方を間違えるとかえって症状を悪化させてしまうこともありますので、正しい使い方を知ることもとても大切です。