早歩きウォーキングやり方.net » 健康と高脂血症

健康と高脂血症

高脂血症では、血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に多くなり、血管の壁に血液中の脂肪が沈着して、動脈硬化を起こします。またこのことで血液の流れが阻害され、放置しておくとたちまち健康状態を崩し、糖尿病やその他の重い生活習慣病に結びつくと言われています。

高脂血症の原因としては、遺伝的な体質に依存する部分もありますが、そのほとんどは脂肪分の多い食事や運動不足、また肥満や不規則な生活習慣に健康を崩す原因があると言われます。つまり高脂血症は生活習慣病の代表的なものの1つであると言えます。

また高脂血症には2つのタイプがあります。1つはコレステロールが高くなる高コレステロール血症、またもう1つは中性脂肪分が高くなる高中性脂肪血症で、これら高脂血症の両方が高くなるものもあります。

健康を保つため、また健康を取り戻す治療でも大切なのが、まず食事の改善です。コレステロールが高いタイプの高脂血症は、脂肪分を制限しなければなりません。動物性の脂肪を控え、魚などの植物性脂肪に切り替えるなどの加減も健康には大切です。また中性脂肪が多いタイプでは、糖質やアルコールを制限する必要があります。

また運動も高い健康効果があります。リポ蛋白リパーゼによって酵素を活発化させることで、中性脂肪を分解する力を高め、またHDLコレステロールと呼ばれる善玉コレステロールを増やします。

ジョギングや水泳などがもっとも健康に効果が高く、これらの全身運動に加えてあまり疲れない有酸素運動を併用するとより健康効果が高まります。降圧剤で注意しなければならないのが用法の誤用です。医師に言われた用法は絶対と思って使用しないと、すぐに脂肪値が増えて健康から遠ざかってしまいます。

その他には朝食をきちんととるようにすべきとよく言われます。朝食を抜くと、昼や夜に好みの食事を多く摂るようになり、それだけコレステロールの値を上げてしまいます。

またストレスも健康の大敵です。食事で気を紛らわすことは逆効果ですので、スポーツに打ち込んだり、趣味に時間を取るなどの工夫が大切です。

高血圧と低血糖について詳しくお話しているページをご紹介しています